DMAE美容液 おすすめランキング

DMAE美容液おすすめランキング!50代のたるみに効く化粧品3選

 

お顔のたるみが特に目立ってくるのが50代前後からです。美白ケアはできても、「整形手術でもしないと…」と、たるみについては諦めている方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

でも、もし、DMAEという成分をまだ試したことがないのなら、たるみの改善を諦める前に一度、DMAE美容液を試してみてほしいと思います。DMAEは50代のたるみにもリフトアップ効果が期待できます。

 

ここでは、50代のたるみ改善に効果的なDMAE配合の美容液を3つご紹介しています。顔のたるみを何とかしたいときは、ぜひチェックしてみてください。

 

 

50代のたるみに!DMAE美容液おすすめランキング

モイストリフトプリュスセラム(ドクターソワ)の特徴
  • DMAEの濃度が濃い
  • 日本製
  • 無香料
  • 医師が推奨するドクターズコスメ
価格 9,180
評価 評価5
備考 定期購入あり(縛りなし)
モイストリフトプリュスセラム(ドクターソワ)の総評
DMAEがしっかりと配合された美容液です。医師が推奨するドクターズコスメなので、安全性や効果の面でも信頼度が高いです。香料やエタノールは無添加なので敏感肌の方にもおすすめできます。

安心できる日本製なので、「海外製品は粗悪品があったりするからちょっと…」という方にも向いています。

高級な美容液ですが、DMAEがしっかりと配合されている美容液の中では普通ぐらいの価格。
定期購入で割引があるので、そちらを利用すれば購入費用を抑えられます。定期購入には解約するまでの購入回数の縛りがないので、いつでも解約することができます

エコレーヌパーフェクション(ベリタス)の特徴
  • DMAEの濃度が濃い
  • 海外製(スウェーデン)
  • 品質テストを繰り返し行っている
価格 9,720
評価 評価4.5
備考 定期購入なし
エコレーヌパーフェクション(ベリタス)の総評
日本製ではありませんが、DMAEはしっかりと配合されているので、たるみを軽減する効果が期待できます。香料が添加されているので、無添加特有の香りが気になる方や、海外製品も試してみたいという方におすすめです。

スウェーデンの国立医科大学などの専門機関で品質テストを行っている美容液です。海外製品ではありますが、日本製と同様に品質管理には信頼がおけそうです。価格はDMAE高配合の美容液に中では普通ぐらいです。定期購入などはなく買い切りの商品です。

ラグジュアリー・デ・エイジリジュリューションV(アンプルール)の特徴
  • DMAE配合
  • 日本製
  • ドクターズコスメ
  • トライアルキットあり
価格 11,800
評価 評価4
備考 定期購入あり(縛りなし)
ラグジュアリー・デ・エイジリジュリューションV(アンプルール)の総評
DMAEは高配合ではないものの、トライアルキットがあるため気軽にDMAE美容液をお試ししたい方に。

本商品は価格は少し高めですが、初回限定で7日分の美容液やアイクリームなどがセットになったトライアルキット2,100円(税込)があります。DMAEを安く試してみたい方におすすめです。香料やエタノールの添加がありますが、日本製ドクターズコスメという点では信頼性もあります。

定期購入もあり、それを利用すれば定価より10%割引になります。定期購入に縛りはないので、いつでも解約可能です。

 

 

DMAE美容液を選ぶときはココに注目!

 

DMAE美容液を買いたいときには、『成分・価格・安心感』に注目して選びましょう。では、具体的にはどのような基準で見ていけばよいのかをチェックしていきましょう!

 

 

 

成分で選ぶ

まず、DMAEがきちんと配合されているかどうかを公式ホームページの成分表示などで確認してみてください。DMAEは酒石酸やジメチル〜と記載されているこがあります。DMAEがしっかりと配合されているほうが高い効果を期待できます。

 

DMAEのたるみへの効果を狙うなら、DMAE以外の保湿や美白などのスキンケア成分はあまり重視しなくても大丈夫です。ただし、敏感肌の方は香料やエタノールなどの添加物の有無には注意したほうがよいでしょう。

 

 

 

価格で選ぶ

DMAEが高濃度で配合された美容液は、高級な美容液と言えるかもしれません。そのため、定期購入割引のあるものは、定期購入にして費用を抑えたり、初回限定の割引やトライアルを利用したりするのがおすすめです。

 

DMAEは多くのスキンケア商品ややサプリなどと比べて、効果に即効性のある成分です。お肌に合えば、少し試しただけでも、効果が実感できると思います。その後も長く使い続けるなら、効果がしっかりあって少しでも価格が抑えられているものを選ぶのもいいかもしれませんね。

 

 

 

日本製の安心感

DMAEは肌の状態を改善するための栄養ではなく、脳に作用してたるみを引き締めさせるという仕組みをもつ成分です。このような強いはたらきをする成分なので、安全性には十分に配慮されたものを選ぶべきです。

 

皮膚科医などのドクターが開発に携わっていたり、推奨したりしているもの(ドクターズコスメ)は、安心感もあり、効果も期待できます。また、外国製のものよりも日本製のもののほうが、品質の面での安心感がありますね。

 

 

たるみに効くDMAEの効果

 

DMAEは「脳に作用してたるみを引き締める」という、スキンケアの成分としては珍しいはたらきかたをします。たるみの目立つお肌には保湿などの栄養補給も必要ですが、DMAEが50代のたるみにも効くというのは、その作用のしかたが特別だからです。

 

 

効果のメカニズム

DMAEは、もともと脳にあるアセチルコリンという神経伝達物質の分泌を促進させます。アセチルコリンは筋肉を収縮させるはたらきがありますが、加齢とともに分泌量は低下していきます。

 

顔の筋肉を収縮させるはたらきが弱くなると、皮膚はだらんと垂れさがった状態になり、たるみができてしまいます。『アセチルコリンを分泌するはたらきをサポートすることで、筋肉を引き締めてたるみをなくす』というのが、DMAEの効果のメカニズムです。

 

 

即効性も感じられる

DMAEは肌の細胞ではなく、皮膚を支える筋肉に「引き締めよう!」と脳が指令を送ることを促進させます。このはたらきは、DMAE美容液を使ってから比較的早く効果があらわれます。塗ってすぐに、顔の筋肉が引き締まってリフトアップ効果を確認できることもあります。即効性があるので、効果が実感しやすいのがDMAEの特徴です。

 

DMAE美容液の口コミまとめ

 

では、実際に使ってみた人たちの感想はどうでしょうか?ここでは例として、おすすめDMAE美容液の第1位であるモイストリフトプリュスセラムの口コミをまとめてみました。

 

 

良い口コミ

 

  • 塗って少し経つと、すぐに肌が引き締まっていくのを感じる
  • たるみで悩んでいたけど効果があってうれしい
  • フェイスラインが引き締まって、ハリのある肌が戻ってきた
  • スッと肌になじんで使用感がいい

 

効果が出るまでに、1カ月〜数か月と時間のかかることが多いスキンケア商品が多い中、DMAEは使用するとすぐに肌の変化を感じることが少なくないようです。即効性があるたるみが引き締められたと感じている意見が多いですね。

 

 

悪い口コミ

 

  • 価格が高い
  • 効果があるけど使うのをやめたら肌のハリがなくなる
  • お試し価格がないから試しにくい
  • もっと安くないと使用を続けたくても続けられない

 

ネガティブな面では、効果は感じても価格の高さがネックになっているという意見が多く見られました。また、使うのをやめたらたるみがまた出てきたという意見もありました。DMAEは即効性がある一方、DMAEを補給し続けなければ、その効果を持続させるのは難しいです。

 

モイストリフトプリュスセラムの公式ページによると、DMAE塗ってからの即効性の効果の持続は24時間、2〜3週間の使用でたるみやしわがさらに軽減し、長期的な使用でその効果が半永久的なものになるということが臨床実験で分かっています。

 

 

DMAE美容液の副作用は

 

DMAE美容液の副作用については特に報告はありません。しかし、効きすぎると感じる場合には化粧水や乳液などで薄めるとよいでしょう。副作用のリスクは低いですが、もし、異常を感じた場合には、使用を中止して様子を見ましょう。

 

 

DMAE美容液を使わないほうがよい人

 

副作用の心配はあまりありませんが、超敏感肌の人は念のために使用は慎重に。まずは少量から試して肌に異常が出ないか様子を見てみるとよいでしょう。

 

DMAEが配合されたサプリメントもあり、こちらは短期記憶の向上や集中力アップに効果があります。化粧品では特に報告はありませんが、サプリメントでは、統合失調症の方は使用を控えるべきとなっています。

 

 

DMAEはサプリもおすすめ

 

DMAEは美容液として肌から浸透させても効果が得られますが、サプリならDMAEが内側から摂取できます。DMAEはサプリで摂っても即効性があります。日本ではまだあまりなじみのないDMAEですが、DMAEが配合されたサプリは、記憶力や集中力を高める効果があるため、海外では人気のサプリです。

 

 

DMAEサプリの効果

DMAEサプリの場合は、大事な仕事や勉強をはかどらせるために、『一時的にやる気をアップさせたい』という目的で飲むことが多いですが、『ほうれい線が薄くなった』などアンチエイジング効果についても多くの口コミが見られます。美容液に比べると、たるみを軽減させる効果は低くなりますが、美容液と併用することで、より高い効果が期待できますね。

 

 

副作用はないの?危険は?

脳のはたらきに作用するサプリというと、なんとなく「危険はないの?」と、不安になるかもしれませんね。DMAEは体内にもともと存在する成分であり、また、食品にも含まれています(青魚など)。

 

そのため、大きな副作用については報告されていませんが、まれに頭痛や吐き気、眠気などが起こる場合があります。通常の摂取量を守っていれば、副作用のリスクは低いので、用法用量を必ず守るようにしましょう。サプリについては、妊娠・授乳中の方の服用は医師に相談してからのほうがいいですよ。

 

また、海外製品には安全面に不安があるというデメリットがあります。海外で作られたサプリを選ぶなら、品質の安全基準(GMPなど)の認定を受けている製品がおすすめです。

 

 

カリスマ皮膚科医のニコラス・ペリコーン博士

 

ニコラス・ペリコーンは、アメンリカのミシガン州立大学で助教授を務める医学博士でDMAEによるたるみへの効果の提唱者です。アメリカのヴォーグ誌から全米No.1の皮膚科医と称されるほど、圧倒的な支持を受けているカリスマ皮膚科医です。雑誌やテレビなどでも多くの特集を組まれている博士ですが、彼の著作の『The Perricone Prescription,』、『The Perricone Promise』、『Forever Young』の3冊は、ニューヨークタイムズの実用書ベストセラーとなっています。

 

ニコラス・ペリコーンの研究は、老化防止や美肌づくりに必要な『食事・サプリメント・スキンケア』を主軸に行われていて、DMAEの研究もその中のひとつです。

 

DMAEの臨床実験で17人の被験者の顔半分にDMAEを塗って、30分後の変化について調査したものがあります。その結果、全員の顔にたるみを引き締める効果を確認することができました。

 

 

美容皮膚科で行うたるみ治療とは?

 

たるみを劇的に改善させるには、外科的手術(整形手術)が1番確実です。メスで切開して筋膜や皮膚を引っ張ったり、切開せずに糸を皮膚の下に挿入して引っ張ったりすることで、リフトアップさせます。これらの手術よりも、マイルドな治療法として、レーザーや高周波を用いた方法などもあります。しかし、レーザーのような方法はたるみが一気に改善するというものではないので、継続して定期的に施術していく必要があります。

 

 

費用はどれくらい?

美容皮膚科でたるみを改善する手術を行った場合、施術料金の例は50万円〜150万円です。料金はクリニックによっても差がありますし、どのような方法をとるかによって大きな幅がありますが、決して安いとは言えません。

 

また、メスを使った手術となれば、効果が高い代わりに副作用のリスクも高くなってしまいます(SMAS法、リガメント法、全額リフト)

 

たるみ対策に有効な施術をいくつかピックアップしてみました。価格はクリニックによって差が大きいので、あくまで参考程度までに。

 

切開するリフトアップ手術 特徴:皮膚を切開して筋膜や皮膚を引っ張り上げてたるみを物理的に解消

効果の持続期間は長いが多くの場合メンテナンスが必要
参考費用:80万円〜150万円

切開しないリフトアップ手術

特徴:皮膚の下に糸を埋め込んで皮膚を引っ張る
効果の持続は一般的にはおよそ1年
参考費用:50万円

ヒアルロン酸などの注射のみ

特徴:しわを緩和したり肌にハリをあたえたりするための注射
効果を持続させるには定期的な施術が必要(回数はプランによる)
参考費用:1万円

フレンチショット

特徴:ヒアルロン酸だけではなく、DMAEなどの若返り成分をマシンで皮膚に均一に浸透させる
効果を持続させるには定期的な施術が必要(回数はプランによる)
参考費用:6万円

 

 

施術に不安がある人は

美容皮膚科に行くことや施術に抵抗がある人は、まずは、美容皮膚科医もおすすめしているDMAE美容液を使ってみるのがよいでしょう。DMAE美容液を使っても、たるみが気になる場合には、美容皮膚科で相談してみてもよいかもしれません。ただし、大がかりな手術をした場合は、体への負担やメンテナンスの問題もあるので、整形手術は最終手段と考えておくのがベターです。

 

 

まとめ

 

DMAE美容液で総合的におすすめできるのはモイストリフトプリュスセラムです。

 

日本製のドクターコスメであるというクオリティーや安全性についての信頼感があります。高濃度でDMAEが配合されている美容液なので、とても安いというわけではありませんが、定期購入を使えば他のおすすめの2商品よりは少し価格が安くなります。

 

海外製で人気のDMAE美容液が良い方は、エコレーヌもよいでしょう。(ただし香料などあるので敏感肌の方は注意)

 

また、安くお試しからという人は、トライアルのあるアンプルールがおすすめです。

 

自分の状況や好み、目的に応じて、効果的なDMAE美容液を選んでください。たるみとサヨナラして、シャープなフェイスラインとハリのある肌を取り戻しましょう!

 

 

page top